ラクトフェリンでノロウィルス対策

MENU

ノロウィルス感染症とは

ノロウィルス感染症とは、嘔吐や下痢などを人体に引き起こす感染症です。このような症状が起きる理由は、急性胃腸炎を起こすからです。つまり胃腸に働きかけるウィルスということです。ほとんどの場合は感染しても数日たったら自然回復するのですが、まれに重症になるという人もいます。

 

かかりやすい季節としては、秋から春にかけてが特に多いといわれています。この時期のノロウィルス感染症は冬型と呼ばれています。人間に感染する方法は、経路でいうと主に口を経由して感染します。ノロウィルスは感染者の糞便や嘔吐物に含まれているので、それに触れる、あるいは触れてしまったものを食べるなどすることで感染します。もちろん、直接的に触れたものを食べたりすることはないでしょうが、感染者がトイレに行った後に手を洗わず、料理などの作業をするなどすると、感染の危険があります。

 

他にも糞便とは関係のない食材からの食中毒によって感染するというケースもあります。たとえば汚染された牡蠣などですがこのようないわゆる「当たりやすい」と昔から言われている食材は、ノロウィルス感染症を巻き起こすリスクもそれだけ高くなっているのでっ注意が必要です。

 

飛沫感染、空気感染をするケースも
上に書いたように直接の接触や食事によって感染することが多いノロウィルスですが、飛沫感染や空気感染をするというケースも報告されています。飛沫感染というのは、たとえばくしゃみに含まれている小さな唾液などによって感染するというものです。空気感染は、感染者の体内から出たウィルスが空気中をただよって、風邪などのウィルスのようにそれを通じて感染するというものです。

 

これらの経路による感染報告はまだ少ないですが、それでもこれでノロウィルスが広まる可能性があるとなると、食事などによって感染するよりもさらに広まりやすくなるので、今後注意が必要です。

 

 

特に狭い空間では注意が必要
今のところノロウィルスが空気感染や飛沫感染をすることが確認されているのは主に狭い空間です。たとえば人混みの中や満員電車などですが、このような場所に出かける時には特にマスクをするなどして注意をする必要があります。

 

また、このような場所から帰ったあとは手洗いうがいをしっかりするなど、インフルエンザなどの病気予防でもよく言われているような基本的な予防法をしっかり実践するようにしましょう。

 

そして、ノロウィルスの予防にはラクトフェリンが特に効果的な成分と言われています。そうした成分も摂取して万全の予防をしておきましょう。