ラクトフェリンでノロウィルス対策

MENU

ノロウィルスの二次感染を防ぐための方法

ノロウィルスの二次感染を防ぐためにはどうすればいい?

ノロウィルスは特に二次感染を起こしやすい感染症です。なので、二次感染を起こさないために他の感染症以上に注意する必要があります。まず一番基本となるのは手洗いをしっかりするということです。

 

ノロウィルスは感染者の糞便や嘔吐物など、体内から排出されるものに含まれています。それらに何らかの形で触れてしまった後、その手で料理をしたり、あるいは口を触ったりすると感染するということが多いのです。そのため、まずは小まめに手を洗うということが重要です。手を洗った時点でノロウィルスは死滅しますから、それまでに触ったノロウィルスをそこですべてクリアすることができます。ですのでノロウイルス対策は必須と言えます。

 

感染者の嘔吐物の処理に気をつける
一番感染しやすいのはやはり感染者の看病をしている時です。その中でも嘔吐物の処理を手伝うことが一番多いので、これが感染しやすいケースの一つとなっています。まず、嘔吐物は絶対に素手で触ってはいけません。触りたがる人もいないとは思いますが、嘔吐物はノロウィルスの塊と思ってください。なので、ビニール手袋などで手を反故しながら、使い捨てできるトイレットペーパーやいらない雑巾などで拭き取るようにしましょう。

 

拭いた後はそれを洗って使ったりせず、すぐに全部すてるようにします。洗って再利用するようなことをしていると、またそこから感染してしまいます。そして、拭いた場所にはまだノロウィルスが残っているので、塩素系の漂白剤などで掃除をする必要があります。拭いた後しばらく放置しておき、30分程度たったころにさらに水拭きをする、というくらいに念を入れて掃除しましょう。

 

寝具や衣類を触る時にも注意
感染者の衣類や寝具などが排泄物、嘔吐物で汚れている場合には、それに触る時にも同等に注意が必要です。嘔吐物そのものの時ほど危険ではありませんが、それだけに油断しがちな場面でもあるので、このようなところから二次感染するというケースも増えています。なので、こうした小さな場面でもくれぐれも油断しないように、手袋をする、嘔吐物がついている場所を触らないようにするなどの注意をしましょう。

 

その他の注意点としては、感染者の入浴の順番を最後にする、使ったお湯は洗濯などに再利用せず全て捨てるなどが挙げられます。これらを守っていれば二次感染も防げるでしょう。

 

また、そもそも人間の抵抗力さえあれば二次感染も起きにくいので、ノロウィルスに対する抵抗力を高めるためにもラクトフェリンなどの栄養素を積極的にとるようにしましょう。